BIGLOBE SIMを海外で使える国際ローミング!設定と注意点

BIGLOBE SIMを海外で使える国際ローミング!設定と注意点

 

仕事や旅行で海外に行く機会も増えてきていますよね。

 

でも、海外に行っても国際電話を使って連絡をするのは過去の話。

 

今では「国際ローミング」というサービスを利用してスマホで通話ができます。

 

BIGLOBE SIMでも国際ローミングが利用できるので、詳しく紹介したいと思います。

 

 

 

国際ローミングとは

 

日本のキャリアのサービス提供エリアはもちろん日本国内のみです。

 

しかし、サービス提供エリア外の海外でも国内と同じ環境で通話することができます。

 

これは、キャリアと海外の通信会社が提携をすることにより海外の提携先通信会社のエリア内であれば普通に通話ができる仕組みになっています。

 

これを国際ローミングと呼んでいます。

 

そして、国際ローミングでは電話番号が変わりませんのでSMSも使うことができます。

 

BIGLOBE SIMでも国際ローミングができますので、海外に行っても提携先通信会社の回線を使い通話が可能になっていますので安心ですね。

 

 

 

データ通信について

 

国際ローミングはとても便利なのですがBIGLOBE SIMの場合、データ通信は対応していません。

 

スマホのモバイルデータ通信機能を利用してインターネットに繋げることができないので注意が必要です。

 

海外でもインターネットを楽しむためには、スマホとは別に「グローバルWi-Fi」などで提供されている海外対応のモバイルWi-Fiルーターをレンタルして、Wi-Fi接続でインターネットを利用することができます。

 

これで海外でもBIGLOBE SIMで電話もSMSもインターネットもできて快適ですね。

 

 

 

まとめ

 

海外での通話料は国によって違いますが、国内より高額な場合があります。

 

電話を受信する場合、国内では通話料は発生しませんが海外では受信であっても通話料がかかってしまいますので注意が必要です。

 

もし通話料が心配な場合は、レンタルしたモバイルWi-Fiルーターの回線でインターネットを使ったSkypeやBIGLOBEフォン・モバイルなどのIP電話を使うという方法もあります。

 

海外に行ってもBIGLOBE SIMとモバイルWi-Fiルーターで国内と同じ環境で通話やネットを使えるというのは便利です。