BIGLOBE SIMの3日間の速度制限と制限解除方法を解説

BIGLOBE SIMの3日間の速度制限と制限解除方法を解説

 

格安SIMでは、よく「3日間の速度制限」という言葉を聞きます。

 

この3日間速度制限とは、直近3日間で定められたデータ通信量を超えた場合に128〜200Kbps程度の低速モードになる速度制限のことを言います。

 

3日間速度制限はキャリアでも格安SIMでもほとんどの事業者で行われているものです。

 

1人が多量のデータ通信をすることにより他のユーザーの通信品質が低下することを防止するために有効な速度制限です。

 

しかし、ユーザー側からすると「使い放題なのになんで!!」という理不尽さと実際上の不便さを感じてしまうのも事実です。

 

そこで今回は、BIGLOBE SIMの3日間速度制限についてお話ししようと思います。

 

 

 

3日間の速度制限

 

BIGLOBE SIMでは、2016年9月13日以降ほとんどのデータ通信プランで3日間速度制限を廃止しました。

 

唯一この制限が残っているのはライトSSプランのみで、「直近3日間で360MBを超えると200Kbpsになる」というものです。

 

しかし、「ライトSSプラン」は現在新規申込ができなくなっている古いプランです。

 

BIGLOBE SIMでは現在申し込めるプラン全てで3日間制限が廃止となっています。

 

これは、ユーザー側からすれば非常に嬉しいことですね。

 

データ通信容量を使いすぎれば速度制限はかかる

 

契約している高速データ通信容量を使い切ってしまった場合は200kbpsになる速度制限がかかってしまいます。

 

使いすぎないように注意しましょう。

 

 

 

 

速度制限の解除方法

 

ライトSSプランで3日間速度規制となった場合、スピードチャージ(300円・100MB)を購入することで制限が解除されます。

 

また、契約しているデータ通信容量を超えてしまった場合、ボリュームチャージ(300円・100MB)を購入することで制限が解除されます。

 

注意したいのは、スピードチャージもボリュームチャージも容量を買い足しているため、使い切ってしまった場合は制限速度に戻ってしまうところです。

 

 

解除しなくて意外に問題ない!?

例え速度制限中でも200Kbpsは出ていますので、Twitter・Facebook・LINE等のSNSやSkype等のIP電話はこの速度でも動作します。

 

高画質で動画を見たりしなければ、あまり不自由はしないかもしれません。

 

データ通信容量を使い切った場合は、次月になればデータ通信容量が追加されるため、速度制限も解除されます。

 

 

まとめ

 

多くの格安SIMでは、BIGLOBE SIMで現在申込可能なプランでは3日間制限が行われていない珍しい格安SIMです。

 

3日間の速度制限に悩まされているユーザーは意外に多いです。

 

速度制限が気になる方は、BIGLOBE SIMを検討してみた方がよいかもしれません。